カードローン審査 Home > カードローンの審査基準を比較してみよう

CMでも見かける安心な大手カードローンを徹底比較!
お金を借りるためにおすすめのカードローン審査やサービスに関する情報が満載!!

人気カードローン審査 ランキング

≪第1位≫ アコム

アコム貸付条件 貸付利率 3.0%-18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資速度 最短1時間

審査、振込までのスピードがピカイチ!
スマホでお申し込みから契約までできる!
3秒診断ですぐにチェック!

≪第2位≫ SMBCモビット

SMBCモビット貸付条件 貸付利率 3.0%-18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資速度 最短即日

10秒簡易審査!(事前審査結果)
Web完結申込で電話や郵便物なし!
豊富な提携ATMで利用可能!

※即日融資は14:50までに振込手続き完了が必要です。
※審査結果はご希望に沿えないこともあります。また、申込の曜日や時間帯によっては、翌日以降の取扱となる場合があります。

≪第3位≫ プロミス

プロミス貸付条件 実質年率 4.5%-17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資速度 最短即日

借りるのも返すのも来店不要!
学生・パート・アルバイトの方でも大丈夫!
30日間無利息サービス!

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※お申込みの時間帯によっては、当日融資ができない場合があります。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

≪第4位≫ アイフル

アイフル貸付条件 貸付利率 4.5%-18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資速度 最短即日

審査基準を比較

・カードローンは銀行や消費者金融が発行していますが、この両者では審査基準が異なります。消費者金融の方が銀行と比較して審査に通りやすいと言われています。これは消費者金融の方が金利が高めである事などが理由です。金利を比較的高めに設定することで、審査基準を緩くしてカードローンを発行する事が可能になっています。
・しかし場合によっては消費者金融よりも銀行の方が審査に通りやすいケースもあります。それは貸金業法の総量規制が関係する場合です。これは個人の無担保の借入金の総額が自らの年収額の3分の1を超えてはならないとする内容の法規制です。多重債務などを防止する目的でなされています。消費者金融が発行するカードローンの場合はこの総量規制の対象になるため、他の金融機関からの借入金の残高によってはカードを発行できない事もあります。
・これに対して銀行の場合は銀行法が適用され、貸金業法の総量規制の対象にはなりません。そのため年収額に対して借入金が多い場合でも、信用情報や保有資産の状況などが良好であればカードを発行する事が可能になります。
・また学生や専業主婦の場合は通常は自らの収入はありません。そのため年収額の3分の1というのもゼロという事になり、消費者金融が発行するカードローンは持てない事になります。ところが銀行の場合はこうした学生や専業主義向けのカードローンを発行しています。貸金業法の総量規制の対象にならないため、学生や専業主義といった収入のない人への融資も可能になるためです。
・このように消費者金融は銀行と比較して審査に通りやすいイメージがありますが、場合によっては銀行でないと通らないケースもあります。